日本人男性のサングラスがダサいといわれる理由は?胸にかけるのは微妙?

外国人の男性がサングラスをしているとかっこよく見えるのに、日本の男性や彼氏がサングラスをしているとたまにダサい見え方がすることありますよね。

サングラスは着こなしに合った形た色み感を選ぶだけでおしゃれなアイテムになるのに、ちょっと間違えると「ダサい」見え方になってしまうんです。

芸能人やモデルさんが身につけていてかっこいいと思って高いサングラスを買っても、自分自身に似合わないとすごく損をした気分になってしまいませんか?

今回は、男性のサングラスがダサいといわれる理由や、オススメのサングラスなどを紹介していきたいと思います。

 

⇒amazonで売れ筋ランキングをチェック

⇒楽天ショップで売れ筋ランキングをチェック

 

スポンサーリンク

男性のサングラスがダサいといわれる理由

せっかく気に入って買ったのに「サングラスがダサい!」といわれたことのある人もいるかと思います。

女性から見たダサいと思うNGなパターンがいくつかあります。

 

顔の形に合わない

顔の形に合わないサングラスをしていると人気のブランドのものでもダサく見えてしまいます

これってサングラス選びには一番大事なことかもしれませんので、自分の顔の形に合ったサングラスを選ぶようにしましょう。

 

室内など眩しくないところで

サングラスは本来眩しさをカットする小物ですよね。

眩しくもないのにサングラスをしていたり、室内でもサングラスをかけたままの人をたまに見かけます。

本人はファッションのひとつと思ってかけているかもしれませんが、周りの人から見ると「室内なのに?」とダサいというよりは疑問に思われることも。

 

スポンサーリンク

 

胸元にサングラスをかけている

コーディネートのひとつとしてサングラスを胸にかける人もいますが、女性にとってはそれがダサいと思うという声も。

外国人の男性がファッションの一部として胸元にかけているのはおしゃれに見えます。

日本人の男性がしているとおしゃれに見えないのは、服のファッションと合っていないのかもしれません。

 

日本人はサングラスが似合わない?

外国人はサングラスが良く似合うのに、日本人がサングラスをしていると似合わないといわれているのはなぜでしょうか?

それは、サングラスをかけるときに、眉毛とサングラスのフレームのラインのバランスが原因なんですね。

 

日本人は目と眉毛の幅が広めの顔立ちが多いのが特徴のため、フレームの上に眉毛がはみ出しているとルーズな印象になってしまいます。

おまけに鼻が低いとサングラスがずり落ちてしまい余計にサングラスから眉毛が見えてしまい似合わないといわれているんです。

 

また、サングラスはホリの深い顔立ちの人が良く似合うのですが、顔の凹凸が平坦な造りが多いといわれている日本人にとってなかなか似合うサングラスが見つからないと思われがちなのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

おススメの付け方や選び方

「あの芸能人がつけていたから」と似合わないサングラスを無理してするよりも顔の形やタイプによって似合うサングラスを見つけることが大事です。

 

フレームの幅

眉毛の位置によってフレームの幅に気をつけて選ぶようにしましょう

眉毛とフレームが平行になっているのがベストですが、眉毛が完全に隠れてしまうのもNGです。

眉毛がちょっとだけ見える程度でしたらOKですので、かけてみて眉毛とサングラスのバランスを確認した方がいいですね。

 

顔のタイプによるオススメのフレーム

丸顔

  • フォックス
  • スクエア
  • ブロー

 

優しい印象の丸顔には、フェイスラインをスッキリ見せるシャープなデザインがオススメです。

 

面長

  • ウェリントン
  • ティアドロップ
  • ツーブリッジ

 

縦長に見える面長な顔立ちには幅のあるフレームを選ぶとバランスがよく、面長な顔立ちが目立たなくなります

 

逆三角形

  • ブロー
  • スクエア
  • ボストン

 

あごに向かってシャープな顔立ちには優しい印象を与えるようなデザインがオススメです。

 

四角顔

  • ボストン
  • オーバル
  • ラウンド

 

しっかりした顔立ちの四角顔には顔になじむようなサイズ感と、丸っぽい形のサングラスがオススメです。

 

卵型のタイプは基本的にはフレームを選ばすどれも似合いますね。

ご自身の顔立ちに合わせたサングラス選びをすると、似合うものがきっと見つかると思います。

 

また、TPOを意識することも大事です。

 

サングラスに違和感がないパターン

  • 日中のドライブ
  • 昼間外にいるとき
  • 屋外でのテンションアゲアゲのパーティー

 

サングラスが似合わないパターン

  • 夜間
  • お店の中
  • 胸にかける
  • しっとり落ち着いたパーティー

 

サングラスは本来眩しさをカットするものなので、必要がないときにかけていると「ダサい」と思われがちになるので注意しておきましょう。

しかし、レンズのカラーが薄いものでしたら、店内でもおしゃれに感じるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

男性におススメのサングラス

サングラスを選ぶときは、自分の顔立ちに似合うものを第一に選ぶようにします。

それに加えてコーディネートに合わせてファッションを楽しむのがオススメです。

 

Ray-Ban OLYMPIAN

男性の憧れでもあるRay-Ban。

オリンピアンは1970年代に流行してから現在も人気もモデルです。

スクエア型のグラデーションレンズが特徴のサングラスは、男らしさをより一層かもし出し、レンズのカーブ部分が横からの日差しも入ってこないのでオススメです。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥18,838 (2024/04/14 14:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

OLIVER PEOPLES MP-2 SUN

オリバーピープルはアメリカ発のブランドで、サングラス好きな人のは長年愛されています。

なかでも「MP-2」は、外国の俳優さんが映画の中で着用していたモデル。

ラウンド型の中でも人気のあるタイプで、蝶番から耳のかかる部分(テンプル)にメタル加工をして細部にまでこだわったおしゃれなサングラスです。

【正規取扱店】OLIVER PEOPLES OV1104S MP-2 SUN サングラス 503953 (オリバーピープルズ)

 

Police

イタリア発祥のPoliceはストリート系サングラスを中心に様々なモデルがありますが、ティアドロップはPoliceの定番ではないでしょうか。

日本人のイメージキャラクターとして有名なのが、EXILEのATSUSHIさんが印象的ですね。

グローリーモデルはPoliceが80年代に初めては発表したデザインの復刻版なので、Policeの王道のシルエットが人気のモデルですね。

 

日本人男性のサングラスがダサいのかまとめ

日本人の男性がサングラスをするとダサいと思われがちですが、トータルバランスや場所に合っていないのかもしれません。

しかし、自分の顔立ちとファッションに合ったサングラス選びをすることで、おしゃれな感覚に生まれ変われます。

TPOも含めて、サングラスをおしゃれな小物使いのひとつにしてくださいね。

 

⇒amazonで売れ筋ランキングをチェック

⇒楽天ショップで売れ筋ランキングをチェック

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!